毎年盛り上がりを見せるクリスマス

今では日本でも最大イベントの一つとして盛り上がりを見せるクリスマスですが、元々はイエス・キリストの降誕をお祝いする日として古代・ローマ帝国時代から続けられている祝い事です。

イエス・キリストの誕生やクリスマスについては様々な諸説が伝えられていますが、その一つとして今から約2000年ほど前にベツレヘムの馬小屋で誕生したイエス・キリストと、古代ローマ帝国時代の冬至の日に行われていた”太陽神の誕生祭”が元となって「クリスマス」というお祝い事が誕生したとも伝えられています。

その理由としては、その時代のローマ帝国では”太陽神の誕生祭”を祝う祝祭日が12月25日に定められていた為、その同じ日にイエス・キリストの降誕をお祝いする日を設ける事によって、多くの方にキリスト教を広めようと試みた初代キリスト教の指導者の方々の意図があったとも伝えられています。

もう一つの説は、イエス・キリストは「正義の太陽」または「世の光」とも呼ばれていた事から、”太陽神の誕生祭”と同じ12月25日の祝祭日に「イエス・キリストの降誕をお祝いする祭日」が定められたとも伝えられています。

また「農耕神の収穫祭」という農耕の神を称える「サトゥルナリア祭」が12月17日~12月24日の期間に行われており、これにもイエス・キリストの「死からの復活」または「永遠の生命」が、植物の「再生」または「死からの生」や「永遠の生命」などと同じ観念を持っている事からという一説もあります。ですが、イエス・キリストの誕生日を明確に記すものが残されていない為、正確な誕生日が不明となっています。ですので、クリスマスは「イエス・キリストの誕生日」としてではなく「イエス・キリストの降誕をお祝いする祭日」として祝されています。

基本的にクリスマスは12月25日の一日だけとされていますが、ヨーロッパ地方などでは地方や伝統、宗教などによって異なる事はありますが、一日だけで終わる事はなくクリスマス期間が翌年の1月6日まで続いている地方もあります。また、伝統を守り昔からの「ユリウス暦」に従ってクリスマスを行っている地方もあります。

一般的的に使用されていますのは「グレゴリウス暦」ですが、「ユリウス暦」の場合ですと、クリスマスの日付がずれていきますので必ずしも12月25日がクリスマスとは限らなくなってしまいます。ですがほとんどの方は「グレゴリウス暦」でのクリスマスを認識していますので、一般的には12月25日にクリスマスを行う事が多いようです。

12月25日がクリスマスだと当然のように思っている方が多いかと思いますが、クリスマスは伝統や宗教などのよっては、祝う日や祝い方などが異なるのですね。